髪のダメージ|(No..67.66)| 薄げ対策の情報ブログ

薄げ対策の情報ブログ

薄毛に悩む人に正しい情報を伝えたいのでブログを立ち上げました。
薄げ対策の情報ブログ TOP  >  髪のダメージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

髪のダメージを防ぐには?

髪を洗った後、ドライヤーで髪を乾かしすぎないようにしましょう。髪の表面を覆うキューティクルが剥がれる原因になるからです。

静電気がダメージヘアーの原因になりますので、マイナスイオンドライヤーを使ったり、静電気を起こしにくいブラシを使うこともお勧めです。

髪の毛自体を元気にするために、髪の生える土壌とも言うべき頭皮の健康に注意しましょう。
頭皮はとても敏感ですので、頭皮を乾燥させず潤いを与えると同時に、余分な皮脂を取り除くことが必要です。

シャンプーは少し値段は張りますが、アミノ酸系のものを使用することがお勧めです。

特に、育毛シャンプーと銘打った商品であれば、頭皮に良い成分を使用していますので安心です。

また、コンディショナーも天然素材の質の良い物を選びましょう。

頭皮の健康と同時に、体全体の健康に気を使うことも大切です。

食生活、栄養バランスの乱れ、喫煙、ストレス、過労、睡眠不足といった体の内側からのダメージは、健康で美しい髪を保つ妨げとなりますので、健康な髪のために生活習慣を見直すようにしましょう。
スポンサーサイト
[ 2013年05月21日 20:24 ] 髪のダメージ | TB(0) | CM(0)

髪のダメージとは?

「ダメージヘア」という言葉をよく耳にしますが、女性にとって「ダメージヘア」は大敵です。

髪のダメージは「髪がぱさつく」といった自覚症状で気づく場合があります。

髪は乾燥しているとダメージを受けますので、秋冬には特にヘアケアが必要です。

また夏も紫外線が強いので、髪にダメージを与える時期です。髪は紫外線を吸収しやすく、
髪の内部のたんぱく質バランスがくずれるため、水分保有率が下がります。
[ 2013年05月21日 20:23 ] 髪のダメージ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

genkinakamiwasawasa

Author:genkinakamiwasawasa
FC2ブログへようこそ!

育毛カテゴリ

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。